大田区西馬込の耳鼻咽喉科 南馬込おかばやし耳鼻咽喉科|西馬込 耳鼻科 聞こえにくい めまい 耳鳴り 鼻血 鼻づまり のどの腫れ 花粉症 大田区 都営浅草線

大田区西馬込の耳鼻咽喉科 南馬込おかばやし耳鼻咽喉科

南馬込おかばやし耳鼻咽喉科の診療時間

西馬込駅より徒歩4分

南馬込おかばやし耳鼻咽喉科の電話番号03-6417-1368

インターネット順番受付はこちらから

外耳道炎

うさこ看護師は耳掃除が大好きだ。風呂上がりはいつも綿棒で掃除することを日課にしている。

しかし、最近どうも耳の調子がおかしいように思う。なんだかずっと痒いのだ。昨日なんか、耳から汁が出てきた。

「私の耳の中、どうなっているのかしら…?」
うさこは心配になり、仕事終わりにしまりす先生に診てもらうのだった。

こんにちは、先生

こんにちは、うさこさん。今日はどうしたの?

先生、ここ最近耳がずっと痒くて。昨日なんか、耳から汁が出てきたの。先生、私の耳、診てもらっていい?

もちろん。診てみようか。

しまりすはうさこの耳の中を診察した。

うさこさん、いつも耳掃除してるでしょ?

はい。

耳掃除の頻度が高いせいで、外耳道炎になっているよ。

綿棒であっても、耳掃除を1日1回していると、耳垢の溜まる皮膚のところが痛んで痒くなるんだ。

それでも掃除を続けると皮膚炎が強くなって、汁が出てくることも多いよ。

だって痒くなるんだもん。

痒くなる→掃除する→痒くなる→掃除する…。
この負の連鎖から抜け出るためには、まずは耳掃除を絶対に控えること、そして点耳液を使うことだね。

うさこさんの外耳道炎は少し強くなってきているから、2種類の点耳液を処方するね。

毎日必ず使用して、そして耳掃除を絶対しないこと。そうすれば1週間くらいで症状は落ち着くと思うよ。変わらないようなら、また見せてね。

先生、ありがとう!

耳掃除好きには多くみられる外耳道炎

外耳道炎は、耳掃除が好きな方はよく罹患される病気ではないかと思います。

上でもしまりす先生が言っているように、触りすぎて痒くなることから全ての症状が始まります。

耳掃除の回数を減らしましょう

軽度の場合、薬ですぐに落ち着きますが、一番大事なのは耳掃除の頻度を落とすことです。

中には炎症の程度が強く、慢性的に繰り返す事で外耳道の皮膚が荒れ、滲出液という汁が出るようになる方もいます。それがキッカケとなり、カビが生えてきたり、最悪の場合、外耳道癌を発症する方も稀にいらっしゃいます。

耳が痒くてたまらない時は、耳鼻科を受診してください。

耳の検査のご案内 のどの検査のご案内 簡単にできる!アレルギー検査 薬ではなかなか治らないアレルギー性鼻炎に CO2レーザー治療のご案内 アレルギー性鼻炎の新しい治療法!舌下免疫療法 耳鼻科はかぜのスペシャリスト!かぜ外来 補聴器相談医による補聴器外来
耳の病気
急性中耳炎
慢性滲出性中耳炎
良性発作性頭位めまい症
メニエール病
突発性難聴
鼻の病気
アレルギー性鼻炎
急性鼻炎
鼻出血症(鼻血)
急性副鼻腔炎
睡眠時無呼吸症候群
睡眠時無呼吸症候群2 CPAP
のどの病気
扁桃周囲膿瘍
急性扁桃炎
その他の病気
顔面麻痺

南馬込おかばやし耳鼻咽喉科のクリニックブログです

このページの先頭へ戻る