大田区西馬込の耳鼻咽喉科 南馬込おかばやし耳鼻咽喉科|馬込 耳鼻科 聞こえにくい めまい 耳鳴り 鼻血 鼻づまり のどの腫れ 花粉症 大田区 都営浅草線

大田区西馬込の耳鼻咽喉科 南馬込おかばやし耳鼻咽喉科

南馬込おかばやし耳鼻咽喉科の診療時間

西馬込駅より徒歩4分

南馬込おかばやし耳鼻咽喉科の電話番号03-6417-1368

インターネット順番受付はこちらから

クリニックブログ

南馬込おかばやし耳鼻咽喉科のクリニックブログです。
病気や治療のことに関わらず、日々のクリニックの様子など日常的なことを書いていけたらと思います。

お別れは新たな出発(2020.9.14)

毎年9月というと、割とまだまだ暑いねっていう日が多いように思っていましたが、今年は秋風を感じる時期がやや早いような気がします。

当院も開院後1周年を迎え、残念ではありますがスタッフの異動もあります。

先日当院を退職されたスタッフのSさんより、記念のクッキーをいただきました。

すごくかわいいリスのクッキーで、お店にお願いして、特注で作ってくださっております。びっくりするくらい可愛くて、まだ食べることができないでいます。

本当にありがとうございました。

Sさんは非常に腕の立つ方でしたので、残念な思いをまだ抱いたままでおりますが、どんな病院でも抜群に才能を発揮される有能な方だと思っています。

これからも頑張ってください。陰ながら応援しております。

開院1周年を迎えることができました(2020.9.2)

この度、クリニック開院1周年を迎えることができました。これも御来院いただいた患者様、地域の皆様方、スタッフの皆様方、卸業や清掃会社、医師会の皆様等の皆様方のおかげであります。本当にありがとうございます。

開院するまでの間、また開院当初は、1年後にこのような世相になっていようとは思ってもみませんでした。

新型コロナウィルス感染症については、ワクチンの治験も進みつつあり、少なくとも絶望的な状況が続いているわけではありません。

しかし、感冒に対する考え方には大きな影響を及ぼしたと思います。

新型コロナウィルス感染症の研究が進むことで、今まで感冒と言われていたものに対する理解や研究がより進みつつあるように思います。

そして人類はウィルスや免疫システムのことについて、やはりわかっていないことが本当に多いことも改めて分かりました。

耳鼻咽喉科は感冒を診る診療科です。これは今も昔も、そしてこれからも変わることはありません。

どの診療科よりも感冒に対する理解があるべき診療科だと思っています。

当院が医師会の依頼もあり、唾液でのPCR検査を受託し始めたのも、新型コロナウィルス感染症から目を背けるわけにはいかないと思うからです。

今年の冬はインフルエンザも新型コロナウィルス感染症も流行するのではないかといわれています。

もちろんそれ以外にもライノウイルスやRSウィルスやヒトメタニューモウィルスや、さまざまなウィルスが感冒に関係します。

扁桃炎の起炎菌として有名な溶連菌も見過ごせません。長引く鼻炎なら副鼻腔炎を考えなくてはなりません。

抗生剤は、適切に使用すべきですが、使用すべきタイミングで使用しないことも問題です。

病態を適切に判断し、どのように対応すべきか、新型コロナウィルス感染症については検査方法も少しずつ裾野が広がりつつあり、次第に全貌がわかりつつあります。

わかりつつあるならば、せめてわかっていること、できることを皆様に還元すべきだと考えています。

その根源にあるのは、地域の皆様の力になりたいという気持ちです。

当院の役割は、耳鼻咽喉科としての適切な診察と治療だと考えます。できる限りのことを最大限に還元できるよう、これからも常に進化し続けてまいります。

今後ともよろしくお願いいたします。

コロナとの生活も半年(2020.8.25)

新型コロナウィルス感染が大きく報道され始めてから、半年以上経過しましたでしょうか。

季節の置物などを置くことをしばらく控えておりましたが、そろそろ再開しようと思います。皆様がよく触るものでもないので・・・。

まだまだ暑い日が続きますが、皆さま熱中症等、体調管理には気を付けてください。

お会計がより便利・スムーズになりました(2020.6.5)

6月4日午後に、以前より頼んでいた交通系電子マネーによる決済機およびクレジットカード決済機の設置が完了しました!

新型コロナウィルス感染症の影響で、キャッシュレス決裁を希望される方も増えたため、早めの対応を、と考えておりましたが、自粛の影響もあり関係会社の方も対応が難しいとのことで、延期となっておりました。

窓口でのお支払いが今までよりずっと便利になります。ぜひ御利用下さい。

甲状腺エコー検査、疾患治療を始めました(2020.6.2)

6月になりました。皆様元気にされていますでしょうか?

新型コロナウィルス感染症については、先日緊急事態宣言が解除され、少しずつ社会活動が再開し始めていることを実感します。

当院でも今までにないことで、何か皆様に提供できることがないか、いろいろと考えておりました。

当院のHPにも自己紹介の欄に書いておりますが、私は総合病院で勤務していた間は、耳鼻咽喉科・頭頚部外科医として、耳鼻咽喉科および頭頸部外科に関係する、かなり広い領域の疾患に関わってきました。

その中で個人的に得意としていたのは、

  • 甲状腺腫瘍
  • 好酸球性副鼻腔炎
  • 嚥下障害

です。

もちろん一般的な疾患も多くかかわっていましたが、上記3つの領域には個人的により深く携わってきました。

甲状腺疾患については、内科の先生方でも介入されていることもあり、どうすべきか悩ましい部分が多く、開業当初は介入を控えておりました。

ただ、実際に甲状腺腫瘍などをお持ちの方の場合、耳鼻咽喉科・頭頚部外科かあるいは内分泌外科で介入することが多く、自分の知識を地域の皆様に還元するべき時なのではないか?との思いを強くしました。

甲状腺エコー検査

この度06/01より、当院でもエコーおよび甲状腺疾患の検査・治療について介入することとしました。

バセドウ病の治療には専門的に介入しなければならない部分も多いため、専門病院へ紹介とさせていただきますが、甲状腺機能低下症や甲状腺腫瘍については当院でも経過を追うことができます。

もちろん精査が必要と判断した場合は、専門病院への紹介も行います。

詳細は甲状腺エコーのページを参照いただければ幸いですが、御来院いただいた当日にも各種検査可能です。

気になる症状をお持ちの方のご来院をお待ちしております。

オンライン診察の開始について(2020.4.20)

新型コロナウィルス感染症の流行に伴い、ブログの更新が遅くなってしまいました。

本来なら桜の開花もあり、草花が萌出、みな春の到来を実感し、気分も高揚する時期であった筈なだけに、皆様も苦しい思いをされていることが多いと思います。

私も仕事以外は自宅で自粛を続けておりますが、自宅での自粛というのは、子持ちの親にとってはなかなか大変なことですね。

うちは3人の子供がいますが、皆元気であるがゆえに、逆にありあまるエネルギーを自宅で発散しており、まったく子供は元気の塊だなぁと改めて実感しております。

妻には子守りことなどで負担をかけており、頭があがりません。

当院は病院ですので、自粛要請期間中も開院しておりますが、患者様の来院数の減少は顕著です。

この度オンライン診察が初診の患者様にも時限的に解放されたため、来院を不安に思われていた患者様にとって吉報になるのではないかと思っています。

やり方はこちらに書いてある通りですが、思ったより簡単なので、よろしければ一度お電話ください。

私も初めのうちは普段と違う診療に緊張しましたが、だいぶ慣れてまいりました。

簡易検査や治療薬が使用できる時期が早くきて、皆様が安心して日常を取り戻すことができる日々を心待ちにしつつ、自分自身およびスタッフの健康に気を付けながら、引き続き診療を継続してまいります。

今後ともよろしくお願いいたします。

風邪・花粉の季節
お困りの症状はご相談ください(2020.2.13)

2月に入り、花粉飛散も報道されるようになり、患者様の来院も多くなってまいりました。

ひな祭りはやや気が早いかもしれませんが、受付の飾りを一新しました。かわいいうさぎの飾りです。

花粉飛散に伴い鼻水・くしゃみ・鼻づまり・目のかゆみだけでなく、のどのかゆみや空咳なども誘発されることがあります。

また風邪も流行る時期でもあり、いろいろな症状が入り混じって来院される方もいらっしゃいます。午後7時まで受付をしております。

風邪で困っていらっしゃる方・花粉症で困っていらっしゃる方、もちろん耳鼻咽喉科にかかわる他の諸症状の方も、御来院をお待ちしております。

新年のごあいさつ(2020.1.7)

明けましておめでとうございます。

旧年中に御来院いただいたい皆様、そして関係者の方々、地域の皆様方に御礼申し上げます。

今年もよろしくお願いします。

昨年は南馬込のみならず、西馬込や仲池上、池上や久が原、山王、中馬込と幅広い地域の方々に御来院いただきました。

本当にありがとうございました。

今年もよりよい医療を提供できるようにスタッフ一同、誠心誠意努力してまいります。
よろしくお願いします。

さて、皆様は初詣はいかれましたか?
私は毎年必ずゆかりのある神社に参るようにしております。地元の神社や明治神宮など、色々と参拝してまいりました。

正月はお餅を食べたり、子供たちとゆっくり過ごしたり(うちは3人子供がいて、にぎやかというか、とてもうるさいですが・・・^^;)、初詣も済ませ、気分を新たにすることができました。

春の花粉症はもう少し先になりますが、インフルエンザの流行などがこれから懸念されます。

風邪をひかれた際や、耳鼻咽喉科疾患で気になる症状の方は、ぜひ来院してください。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

年末のごあいさつ(2019.12.17)

12月14日の晩に、当院の忘年会を行いました。

開院して3か月半ほど経過しましたが、多くの方に支えていただき、今年も無事に年末を迎えることができそうです。

当院開院に携わってくださった方々、当院に来院いただいている患者様、薬局の方々、地域の皆様方に感謝の意を申し上げます。

来年もより良い医療を提供できるようにスタッフ一同、誠心誠意頑張りますので、なにとぞよろしくお願いいたします。

クリスマスシーズン(2019.11.22)

先日は学会出張ため休診とさせていただきました。土曜日しか受診できない方も多くいらっしゃったと思います。ご不便をおかけしてすみませんでした。

話は変わりますが、クリスマスがあと1ヶ月後に迫っていますね。
当院でも受付に小さなクリスマスツリーを飾りました。実はよく見ると隠れミッキーがいます♪

より良い治療を提供できるように(2019.11.12)

11月16日と17日に名古屋で日本耳鼻咽喉学会の専門医講習会があります。
今週土曜日はこのため休診とさせていただきます。

開業医となると、なかなか最新の知見を得る機会が少なくなりがちですが、こういった形で学会や勉強会に定期的に参加し、より良い治療を提供できるようしっかり勉強してまいります。


ハロウィンの飾りつけ(2019.10.23)

 

ハロウィンの飾り付けをしました。
開院祝いにいただいた観葉植物も元気に育っています。


耳の検査のご案内 のどの検査のご案内 長引くのどの違和感・痛みに EAT治療(上咽頭擦過療法・Bスポット療法) 慢性的なのどの違和感 慢性上咽頭炎・病巣姓扁桃炎 耳鼻科はかぜのスペシャリスト!かぜ外来 早めの対策が肝心!花粉症の初期療法 簡単にできる!アレルギー検査 薬ではなかなか治らないアレルギー性鼻炎に CO2レーザー治療のご案内 アレルギー性鼻炎の新しい治療法!舌下免疫療法 補聴器相談医による補聴器外来
耳の病気
急性中耳炎
慢性滲出性中耳炎
良性発作性頭位めまい症
メニエール病
突発性難聴
鼻の病気
アレルギー性鼻炎
急性鼻炎
鼻出血症(鼻血)
急性副鼻腔炎
睡眠時無呼吸症候群
睡眠時無呼吸症候群2 CPAP
嗅覚障害
のどの病気
扁桃周囲膿瘍
急性扁桃炎
嚥下障害
甲状腺機能低下症
その他の病気
顔面麻痺

南馬込おかばやし耳鼻咽喉科のクリニックブログです

このページの先頭へ戻る